帽子のお手入れと保管 Laughingstock

帽子屋Laughingstock 帽子屋Laughingstock
トップページ
メンズウェア通販
Laughingstock
トップページ
サイトマップ 通販法に基づく表記   
 

帽子のお手入れ・保管方法をご紹介します。

目次
1.帽子のお手入れ
2.保管
3.リボンの交換・型直し

1.帽子のお手入れ

布製の帽子は、手洗いできるものもあります。品質表示のあるものは、必ず確認してください。

厄介なのは、洗うことの出来ない帽子。
これは、まめなお手入れが一番効果的。
まず、水に弱いものが多いので、雨に注意すること。濡れたら、よく乾かしてからしまうこと。
ただし、ドライヤーなどで一気に乾かすのは禁物です。形が変形する原因になります。

帽子をかぶって外出した日は、帰ったらまずスベリ(帽子の内側の、サイズリボン(参照))を
よく絞ったタオルで拭いて汗をしっかりふき取ります。しっかり乾かしてしまいましょう。
大切なのは,とにかく乾燥させることです。

ハットは濡れていると変形しやすいので、よく乾かしたあと逆さまにしておく(下図参照)
ことをお勧めします。こうしておく方が、ツバが周りのものに触れて変形してしまうのを防げます。
濡れているのに掛けておいたりするのは変形のもとです。
帽子を壁などに掛けておいておくのは、極力避けた方が無難です。
新品の帽子を短時間というならまだしも、かぶった後は常に掛けて収納している方は、
変形の元になっているので、ご注意を。

表面の汚れは軽いものなら消しゴムや食パンでこすってみましょう。
スベリの汚れがひどいようなら、布に染ませたベンジンで拭きます。

また、ハット(特にウールフェルト・ファーフェルトのもの)はこまめなブラシかけをお勧めします。
案外、ほこりをかぶりやすいもの。専用ブラシで毛の流れに沿ってブラッシングします。
ハットの毛の流れは、C字方向(反時計回り)になっています。

帽子を逆さまにして置く
←こうしておく方が、型崩れ防止に。
  また、スタンドを使うと、より安全です。

2.保管

季節が変わって帽子を保管するとき、一番良いのは、よく乾かしたあとで
専用の箱(下図参照)に入れておくことです。
大きさのあった箱なら何でもいいと思うのですが、小さくてツバが当たってしまっては、
いざかぶろうとした時、つばの形が変わってしまっているなんてことも・・・。

また、ウールの帽子は虫に注意です。出来れば、長期保管の場合は防虫剤を
一緒に入れておきましょう。箱がない場合は、大きなビニールの袋でもいいと思いますが、
周りのものにぶつかって変形しないような注意が必要です。

帽子が増えて、重ねて保管しざるを得ないときは、リボンの部分に何か
ガードになるものをかませた方が無難。(当店では円形にしたスポンジをかませています。)
厚紙をリボンより少し太めに切って、ホチキスなどでとめて円形にして,帽子にはめます。
サイズにも注意して重ねましょう。
小さいサイズのものに、無理やり大きい帽子を押し込まないように。

帽子用収納箱ニ帽子を入れる
帽子用収納箱
←帽子のツバをガードできます。
  スタンド入りで型崩れ防止。
帽子の棚

こちらは当店のお客様が送ってくださった自作の帽子収納棚の画像。
とても綺麗にしまってくれていて、嬉しかったので 紹介させて頂きました!

固い中折れなどのハットは逆さまに向けてツバが歪んでしまわぬよう
置かれています。
また埃がかぶらぬよう、棚全体をビニールシートでふさいでくれています。

上から3段目の右端のハットは、ハットを買っていただいたお客様の
箱の中に入っているスタンドをバージョンアップさせたもの。
スタンドだけにして、更にスポンジを巻いています。
箱を持っていない方は、この方法がお勧めです。

収納に悩んでいる方は、是非参考にしてみてください!

3.リボンの交換・型直し

もし、リボンやスベリにしみが出来た場合は、交換も可能です。
帽子専門店に相談しましょう。
当店でも交換は可能ですが、出来れば帽子の写真等送ってくださると安心です。
ご相談ください。

クリーニングも、帽子のクリーニングを受け付けているクリーニング店に相談してみましょう。

帽子の形が変形してしまった場合、ある程度なら修復可能です。
こちらも帽子専門店に相談してみてください。
当店でもご相談承っていますが、やはり現物を見たほうが早いとおもいます。
お近くに専門店がない場合など、是非ご相談ください。お問い合わせはこちらから



©2005 Laughingstock